ホーム  >  基礎事業部  >  既製杭工事  >  DANK工法


既製杭工事
DANK工法

特殊ビットと杭中空部に挿入したスパイラルオーガによって、杭先端を掘削しながら杭を沈設していき、支持層に達するとビットを拡大させ拡大球根を築造する工法である。本工法には特殊ビットとスパイラルオーガを用いて行う方法(Version-N)と特殊なロッドとビット掘削、撹拌・練付けを行い、杭周固定液を使用する(Version-K)の2通りの施工法がある。


 
施工順序

 

 
関連会社リンク