ホーム  >  基礎事業部  >  既製杭工事  >  H・B・M工法


既製杭工事
H・B・M工法

掘削は、オ−ガビットと撹拌ロッドからなる掘削撹拌装置を用いて、掘削液を注入しながら行い、所定深度まで泥土状の掘削孔を造成する。 先端部に根固め液を注入し、拡大球根を築造した後、掘削撹拌装置を引き上げながら杭周固定液を注入・撹拌して、ソイルセメント状の掘削孔を築造する。その後、掘削孔内に杭を自沈または回転圧入により埋設して、根固め球根部に杭先端を定着する工法である。


 
施工順序

 

 
関連会社リンク