ホーム  >  基礎事業部  >  既製杭工事  >  STJ工法


既製杭工事
STJ工法

拡大翼、噴射孔、エア吐出孔を装備したビットを取り付けた連続スパイラルオ−ガを杭中空部に挿入し、杭先端部の土砂を掘削しながら杭を沈設する。ビットが支持層手前に達したら杭の沈設を止め、ビットを先行させて拡大翼を開き予備掘削を行う。その後セメントミルクを高圧噴射して根固め部を築造しながら杭を所定深部まで沈設する。杭定着後セメントミルクを高圧噴射しながら最終深度まで球根を築造する。 この工法には、杭周固定部を築造する工法と築造しない工法がある。


 
施工順序

 

 
関連会社リンク