ホーム  >  基礎事業部  >  既製杭工事  >  Superニーディング工法


既製杭工事
Superニーディング工法

撹拌バ−と練り付けドラムを備えた特殊ロッド及び特殊オ−ガ−ヘッドを用いて適宜掘削水を注入し、孔内を撹拌、泥土を練り付けながら地盤を掘削する。所定深度まで掘削後、拡大球根部を築造する。このようにして築造した掘削孔に先端に節部を有する杭を建て込み、杭の自重沈設後、圧入又は回転沈設により杭を所定の深度に定着させ、球根部と杭が一体となり支持力を発現する工法である。Grade Aは、下杭にBFパイル(節杭)を使用する方法で、拡大球根部内の節部の効果により、大きな支持力を発現する方法である。また、鋼管を使用するタイプもある。


 
施工順序

 

 
関連会社リンク